まちかね祭報告

’11年11月ビブリオバトル@まちかね祭報告

本に触れて、読む
そしてそれを誰かに伝える

それは80年、いえ、それよりもっと昔から人々がおこなってきた本の楽しみ方です。

「今までもこれからも、きっと本は面白い。」

まちかね祭の開催に併せて、今回はこんなテーマでビブリオバトルを開催しました!大阪大学が今年80周年を迎えたことにあわせ、テーマは「未来」!

予選会を勝ち抜いた学生バトラー3名と、ゲストバトラーとして大阪大学を代表する教授3名が、それぞれの考える「未来」をテーマにした本を紹介し、熱いバトルを繰り広げました!

見事チャンプを獲得したのは、最相葉月の「あのころの未来 星新一の予言」を発表された仲野徹教授でした!「50年近く前に書かれたにもかかわらずいつの時代でも楽しめる星新一の本について読み解かれたこの本を読むと、さらに今から50年後がどうなるのか考えたくなる」と仲野先生。過去の本を読むことで未来を想像することができる、今回のテーマにぴったりの本をご紹介くださいました。

他には大阪大学の10名の先生方の本棚を公開した「教授の本棚」では、来場してくださった方々から、普段見ることができない先生方の本棚に対して、付箋によるコメントが多数寄せられました!それぞれの先生方の特色が出ていて、楽しんでいただけたようです。

また、会場付近ではワニ博士も登場して、子どもたちにも喜んでいただけました。

80周年の大学祭にふさわしく、知的で楽しいイベントとなりました!

[ゲストバトラー]
小矢野 哲夫 教授(言語文化研究科)
仲野 徹 教授(生命機能研究科/医学系研究科)
橋爪 節也 教授(総合学術博物館)

 login