看護師って何なんだ?!

1.看護師のお仕事

実に看護師の7割が病院で働いています。病院では薬剤師のように薬の説明をしたり、栄養士のように糖尿病の患者さんへ食事の指導をしたり、さらには放射線技師でもないのにCT検査の説明や事前準備もこなします。餅は餅屋でしてほしい……!看護師時代、何度そう思ったか……!

医療現場での橋渡しも看護師の大事な仕事。「お医者さんと話をしたい」という患者さんの要望を医師に伝えたり、医師の要請で患者との面談をセッティングしたり。さらには、治療方針についての医師同士の調整を頼まれたり。同僚なら自分で言ってよ……!看護師時代、何度そう思ったか……!

その他、あんまり知られていない仕事に、看護記録の記載・看護計画の評価があります。看護計画とは、患者さんの問題を見つけて、それを解消・軽減できるように計画するもの。看護記録とは、血圧測定・体温測定の結果や、患者さんにした処置・訴えなどを記録するもの。どちらも、記載漏れやミスが医療事故につながるのでかなり重要です。今日も一日がんばった……!これを書いたら1日の仕事も終わりです。このように、看護師は見えないところでも患者さんに関するお仕事をしているのです。

2.看護師のやりがい

看護師の仕事のやりがいは人との深い関わりの中からうまれます。そして今までの価値観が180℃変わるくらいの経験をします。信頼関係を築きながら治療を進めていく中で、患者さんが普段誰にも見せないような深い部分に触れることや、一人の患者さんの人生に参加させてもらっていると感じることがあります。こうした経験というのは普通の仕事だとなかなか味わえないことだと思います。よくなってほしい。患者さんにもその思いが伝わった時の「ありがとう」は「看護師していてよかった!!」と思う瞬間です。

3.看護師の学校って?何を勉強してるの?

脱サラナースに通信ナース!本当に看護師への道は多種多様で、色んな人が学校にいます。看護師になるには、所定の学校で看護学等を学んだ後、国家試験を受けて合格しなければなりません。看護師の学校は大きく3種類あります。専門学校(3年)、短大(3年)、大学(4年*阪大はここ)です。学校で主に学ぶのは看護学です。読んで字のごとくですね。シーツ交換の方法など技術的なことや、病院・地域社会などに暮らす赤ちゃんからお年寄りまで幅広い対象それぞれに対する看護を学びます。まず、これらを講義で学んで、その後、学内で技術を体に教え込みます。そうして、ようやく病院で実習を行うことができるのです!

紳士淑女のお見舞いマナー

患者さんにとって、お見舞いはとても嬉しいものですが、デリケートな場所柄だけに気をつけた方が良いこともあります。きちんとマナーを守って、スマートでエレガントなお見舞いにしましょう!

面会時間を守ろう!

面会時間を守ってほしいことを伝えているときに、「あの人の家族はええんかい」みたいになって、「あのひとはええんですよ」、「なんでやねん」、「だってだって……あの患者さん状態悪いから」、とは言えません……。患者さんの状態によって面会時間は変わるのです。

貴重品を置いてベッドサイドを離れない!

悲しいけれど、病院でも盗難が発生します……。お見舞いに行ったときも必ず貴重品から離れないように!これまでの経験上、カバンや財布が盗まれた後に、見つかることはありません……。

香水は控えよう!

たまに異様に香水を効かせた面会に来る人がいますが、あれはよろしくないですね。弱った患者さんにはパンチがききすぎます。看護師は「におい」からも患者さんの状態を観察します。大切な情報である「におい」を消してしまう恐れがあるので、香水は控えめにしましょう。

面会時はデイルームへ!

病院で、お見舞いに来た人と会話を楽しみたいときは、デイルームへ移動しましょう。同じ部屋には、寝ている人も気分悪い人もいますから。あとですね、異性の患者さんを見舞う時も大勢でぞろぞろ行くのはちょっと……。寝巻姿やぼさぼさ頭、すっぴんを見られたくない乙女心をくみ取ってあげてください。

 login